temite 利用規約


この規約(以下「本規約」といいます。)は、お客様が、Creation City Lab 株式会社(以下「当社」といいます。)が提供するスマートフォン用アプリケーション「temite(テミテ)」(以下「本アプリ」といいます。)及び本アプリに関連するウェブサイトによるサービス(以下「本サービス」といいます。)をご利用頂く際の取扱いにつき定めるものです。本規約に同意した上で本サービスをご利用ください。


第 1 条(定義)

本規約上で使用する用語の定義は、次に掲げるとおりとします。

(1)本サイト:本アプリに関連するウェブサイト

(2)利用者:本サービスを利用する全ての方

(3)ID:本サービスの利用のために利用者が固有に持つ文字列

(4)投稿:利用者が文章、文字列、画像、コメント等を掲載する行為

(5)投稿情報:利用者が投稿等により掲載した文章、文字列、画像、コメント等の情報の総称

(6)個人情報:住所、氏名、職業、電話番号等の複数の組み合わせによって個人を特定することのできる情報等の個人情報保護法において定義される情報の総称

(7)登録情報:利用者が本サイトにて登録した情報の総称(投稿情報は除く)

(8)知的財産権:特許権、実用新案権、育成者権、意匠権、著作権、商標権その他の知的財産に関して法令により定められた権利または法律上保護される利益に係る権利


第 2 条(本規約への同意)

1 利用者は、本規約に同意しない限り、本サービスを利用することができないものとします。

2 利用者が、本サービスをスマートフォンその他の情報端末にダウンロードし、本規約への同意手続を行った時点で、利用者と当社との間で、本規約の諸規定に従った利用契約が成立するものとします。

3 利用者が未成年者である場合には、親権者その他の法定代理人の同意(本規約への同意を含みます。)を得たうえで、本サービスをご利用ください。

4 未成年者の利用者が、法定代理人の同意がないにもかかわらず同意があると偽りまたは年齢について成年と偽って本サービスを利用した場合、その他行為能力者であることを信じさせるために詐術を用いた場合、本サービスに関する一切の法律行為を取り消すことは出来ません。

5 本規約の同意時に未成年であった利用者が成年に達した後に本サービスを利用した場合、当該利用者は本サービスに関する一切の法律行為を追認したものとみなされます。

6 利用者が、本サービスを事業者のために利用する場合は、当該事業者の権限ある代表者が本規約に同意したものとみなされます。

7 本サービスに関してのプライバシーポリシーがある場合、利用者は、本規約のほかプライバシーポリシーの定めにも従って本サービスを利用しなければなりません。


第 3 条(本規約の変更)

1 当社は、いつでも、本規約の内容を改定することができるものとします。

2 当社は、本規約を改定するときは、その内容について当社所定の方法により利用者に通知します。

3 本規約の改定の効力は、当社が前項により通知を行った時点から生じるものとします。

4 利用者は、本規約変更後、本サービスを利用した時点で、変更後の本利用規約に異議なく同意したものとみなされます。本サービスをご利用の際には、随時、最新の本規約および適用のあるプライバシーポリシーをご参照ください。


第 4 条(アカウントの管理)

1 利用者は、本サービスの利用に際して利用者本人に関する情報を登録する場合、真実、正確かつ完全な情報を提供しなければならず、常に最新の情報となるよう修正しなければならない。

2 利用者は、登録情報について、自己の責任の下、任意に登録、管理するものとします。利用者は、これを第三者に利用させ、または貸与、譲渡、名義変更、売買などをしてはならないものとします。

3 当社は、登録情報によって本サービスの利用があった場合、利用登録をおこなった本人が利用したものと扱うことができ、当該利用によって生じた結果ならびにそれに伴う一切の責任については、利用登録を行った本人に帰属するものとします。

4 登録情報の管理は、利用者が自己の責任の下で行うものとし、登録情報が不正確または虚偽であったために利用者が被った一切の不利益および損害に関して、当社は責任を負わないものとします。

5 登録情報が盗用されまたは第三者に利用されていることが判明した場合、利用者は直ちにその旨を当社に通知するとともに、当社からの指示に従うものとします。

6 当社は、最終のアクセスから1年以上経過している利用者のアカウントを、あらかじめ利用者に通知することなく削除することができます。

7 利用者の本サービスにおけるすべての利用権は、理由を問わず、アカウントが削除された時点で消滅します。利用者が誤ってアカウントを削除した場合であっても、アカウントの復旧はできませんので、ご注意ください。


第 5 条(個人情報等の取り扱い)

1 当社は、個人情報、利用者情報およびプライバシー情報については、当社が別途定める「temiteサービスプライバシーポリシー」に則り、適正に取り扱うこととします。

2 当社は、本サービスの不正利用の調査・犯罪捜査に必要な場合その他正当な理由がある場合、必要に応じ利用者の登録情報、取引履歴情報、その他の必要な情報を開示することができ、利用者はあらかじめこれに同意するものとします。

3 本条とプライバシーポリシーが抵触する場合、本条が優先して適用されます。


第 6 条(禁止行為)

本サービスの利用に際し、当社は、利用者に対し、次に掲げる行為を禁止します。当社において、利用者が禁止事項に違反したと認めた場合、利用停止等、当社において必要と判断した措置を取ることができるものとし、利用者はこれを異議なく同意するものとします。

(1)当社または第三者の知的財産権を侵害する行為

(2)当社または第三者の名誉・信用を毀損または不当に差別もしくは誹謗中傷する行為

(3)当社または第三者の財産を侵害する行為、または侵害する恐れのある行為

(4)当社または第三者に経済的損害を与える行為

(5)当社または第三者に対する脅迫的な行為

(6)利用者が、以下の情報を投稿すること

①第三者の権利および財産に対して損害を与えるリスクのある情報

②第三者に対して有害な情報、第三者を身体的・心理的に傷つける情報

③犯罪や不法行為、危険行為に属する情報およびそれらを教唆、幇助する情報

④不法、有害、脅迫、虐待、人種差別、中傷、名誉棄損、侮辱、ハラスメント、扇動、不快を与えることを意図し、もしくはそのような結果を生じさせる恐れのある内容をもつ情報

⑤事実に反する、または存在しないと分かっている情報

⑥利用者自身がコントロール可能な権利を持たない情報

⑦第三者の著作権を含む知的財産権やその他の財産権を侵害する情報、公共の利益または個人の権利を侵害する情報

⑧わいせつ、児童ポルノまたは児童虐待にあたる画像、文書等の情報

⑨医師法などの法令に違反する情報

⑩その他当社が不適切と判断する情報

(7)コンピュータ・ウィルス、有害なプログラムを使用またはそれを誘発する行為

(8)本サービス用インフラ設備に対して過度な負担となるストレスをかける行為

(9)本サービスのサーバーやシステム、セキュリティへの攻撃

(10)当社提供のインターフェース以外の方法で当社サービスにアクセスを試みる行為

(11)一人の利用者が、複数の利用者IDを取得する行為

(12)宗教活動または宗教団体への勧誘行為その他本サービスが予定している利用目的とは異なる目的で本サービスを利用する行為

(13)上記の他、当社が不適切と判断する行為


第 7 条(利用者の遵守事項)

1 利用者は、当社の定める手続きによりサービス提供の意思を持って、注文を行うものとし、提供を受けるサービス等にかかる関係法令および監督官庁のガイドラインを順守しなければなりません。

2 利用者は、下記各号に該当する行為をした場合、利用者の故意・過失の有無にかかわらず、本規約違反行為とみなします。

(1) 転売等の営利を目的とした商品の受領行為、

(2) いたずら、嫌がらせその他不当な目的の行為

(3) その他当社が不適切と判断した行為

3 利用者の行為によって、当該利用者や第三者に生じる損害につき、当社は一切責任を負わないものとします。


第 8 条(システムの使用)

1 利用者が、本サービスを利用するために必要な通信機器、ソフトウェアその他これらに付随して必要となる全ての機器を当該利用者の費用と責任において準備し、使用可能な状態に置くものとします。また、本サービスに関する当社のシステム(以下「当社システム」といいます。)を使用するに当たっては、当該利用者の費用と責任において、当該利用者が任意に選択した電気通信サービス又は電気通信回線を経由してインターネットに接続するものとします。なお、利用者が未成年である場合、親権者など法定代理人がお客様に使用を認めたものをご使用ください。

2 利用者は、関係官庁等が提供する情報を参考にして、自己の使用環境に応じ、コンピュータ・ウィルスの感染、不正アクセス及び情報漏洩の防止等セキュリティを保持するものとします。

3 利用者は、当社システムを複製、修正、改変又は解析してはならないものとします。

4 当社は、本サービスの全部または一部を、年齢、ご本人確認の有無、登録情報の有無、その他当社が必要と判断する条件を満たした利用者に限定して提供することができます。

5 当社は、当社が必要と判断する場合、あらかじめ利用者に通知することなく、いつでも本サービスの全部又は一部の内容(仕様、ルール、デザイン、ポイントの付与条件その他一切の事項を含みます。)を変更し、また、その提供を中止することができるものとします。


第 9 条(監視業務)

当社は、利用者が本サービスを適正に利用しているかどうかを監視する業務を当社の裁量により行うものとし、利用者はそれに同意するものとします。


第 10 条(利用の一時停止又は中止)

1.当社は、以下の各号に揚げる事由があると当社が判断した場合には、利用者に通知又は催告することなく、本サービスの全部もしくは一部を停止又は中止することがあります。

(1)天災地変、停電、システム障害、通信障害、利用者端末の故障、未対応端末への変更等、やむを得ない事由により本サービスを提供することができないと判断されたとき。

(2)システムの保守・点検等により、本サービスに関するシステムを停止する必要があると判断されたとき。

(3)利用者が本アカウントを海外の携帯電話番号を有する端末に引き継いだとき。

(4)利用者が本規約によって禁止される商品等に本サービスを利用したとき。

(5)本サービスが犯罪等に利用されたと疑われるとき。

(6)その他利用の一時停止又は中止をすべき必要が生じたとき。

2.前項に基づき本サービスの全部もしくは一部が停止又は中止されたことにより、本サービスが利用できないことから生じた利用者の損害等について、当社は責任を負いません。


第 11 条(利用資格停止及び取消し)

1 当社は以下の各号に揚げる事由に利用者が該当したと判断した場合、利用者に対して事前の通知又は催告なしに、本サービスの利用資格を喪失する措置(以下「利用資格停止及び取消し」といいます。)をとることができるものとします。

(1)本規約に違反、又は違反したおそれがあると認められたとき。

(2)当社に虚偽の情報を登録もしくは申告した場合又は重要な情報について誤って登録もしくは申告したと認められたとき。

(3)過去に本サービス等の資格停止等の措置を受けていること又はその他不正行為を行っていたことが判明したとき。

(4)当社に対して暴力的な行為、脅迫的な言動、法的な制限を超えた不当な要求をした場合又は当社の信用を毀損もしくは業務妨害する等の行為があった場合(第三者を介してこのような行為を行わせたと認められた場合も含みます。)

(5)他の利用者になりすます等、詐欺等の犯罪行為を行っていることが判明した場合。

(6)前各号までの定めのほか、各種法令への違反、犯罪行為その他公序良俗に反する行為をしていることが判明した場合。

(7)本サービスの利用状況に照らし、利用者として不適当であると判断した場合。

(8)その他当社が利用者として不適当であると判断した場合。

2 利用者が本条に該当する疑いがあり、利用資格停止及び取消しを受けた場合、利用者は本サービスを利用することが出来ません。

3 前項に基づき本サービスの資格が停止したことにより、本サービスが利用できないことから生じた利用者の損害等について、当社は責任を負いません。


第 12 条(反社会的勢力でないことの表明・確約)

1 利用者は、自らが現在次のいずれにも該当しないこと、かつ将来にわたっても該当しないことを表明し確約するものとします。

(1)暴力団の構成員(以下「暴力団員」といいます。)及び暴力団員でなくなったときから5年を経過していない者

(2)暴力団の準構成員(暴力団員以外で暴力団と関係を有する者であって、暴力団の威力を背景に暴力的不法行為等を行うおそれがある者又は暴力団もしくは暴力団員に対し資金、武器等の供給を行うなど暴力団の維持もしくは運営に協力し、もしくは関与する者をいいます。以下同じ。)

(3)暴力団の関係企業(暴力団員が実質的にその経営に関与している企業、準構成員もしくは元暴力団員が経営する企業で暴力団に資金提供を行うなど暴力団の維持もしくは運営に積極的に協力しもしくは関与する企業又は業務の遂行等において積極的に暴力団を利用し暴力団の維持もしくは運営に協力している企業をいいます。)の従業員

(4)総会屋等(総会屋、会社ゴロ等、企業等を対象に不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民生活の安全に脅威を与える者をいいます。)

(5)社会運動等標ぼうゴロ(社会運動もしくは政治活動を仮装し又は標ぼうして、不正な利益を求めて暴力的不法行為等を行うおそれがあり、市民社会の安全に脅威を与える者をいいます。)

(6)特殊知能暴力集団等(前各号に掲げる者以外の、暴力団との関係を背景に、その威力を用い又は暴力団との資金的なつながりを有し、構造的な不正の中核となっている集団又は個人をいいます。)

(7)以下の者に該当する者

①前各号に掲げる者(以下「暴力団員等」といいます。)が経営を支配していると認められる関係を有すること

②暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められる関係を有すること

③自己、自社もしくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもってするなど、不当に暴力団員等を利用していると認められる関係を有すること

④暴力団員等に対して資金等を提供し又は便宜を供与するなどの関与をしていると認められる関係を有すること

⑤役員又は経営に実質的に関与している者が暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有すること

(8)その他前各号に準ずる者

2 利用者は、自ら又は第三者を利用して次の各号のいずれかに該当する行為を行わないものとします。

(1)暴力的な要求行為。

(2)法的な責任を越えた不当な要求行為。

(3)取引に関して脅迫的な言動をし又は暴力を用いる行為。

(4)風説を流布し、偽計を用い又は威力を用いて当社の信用を毀損し又は当社の業務を妨害する行為。

3 当社は、利用者が前二項に定める事項に違反すると具体的に疑われる場合、利用者に対して当該事項に関する調査を行い又は必要に応じて資料の提出を求めることができ、利用者は、これに応じるものとします。

4 当社は、利用者が本条の規定に違反している疑いがあると認めた場合、アカウントの開設申込みを拒否し又は、利用者の本規約に基づく本アカウント利用を一時的に制限することができるものとします。

5 当社は、利用者が本条第1項もしくは第2項のいずれかに該当した場合、本規約に基づく確約に対して虚偽の申告をしたことが判明した場合又は第 3 項の調査等に応じない場合や虚偽の回答をした場合のいずれかであって、本サービス及び本アカウントの利用を継続することが不適切であると当社が認めるときには、当社は、ただちに本サービス及び本アカウントの利用資格喪失の措置を講じることができるものとします。この場合、利用者は当該措置以降一切本サービス及び本アカウントの利用及び払戻しができなくなります。

6 前項により当社に損失、損害又は費用(以下「損失等」といいます。)が生じた場合、利用者は、これを賠償する責任を負うものとします。また、前項の規定を適用したことにより利用者に損害等が生じた場合にも、利用者は、当該損害等について当社に請求しないものとします。


第 13 条(コンテンツの取り扱い)

1 利用者は、本サービスのコンテンツを当社の定める範囲内でのみ使用することができるものとします。

2 利用者が、本サービス上に投稿その他の方法でコンテンツを送信する場合、その内容は当社が定め本サービスに表示する条件を満たさなければならないものとします。

3 本サービスで提供される全てのコンテンツに関する権利は当社が有しており、利用者に対し、当社が有する特許権、実用新案権、 意匠権、商標権、著作権、その他知的財産権の実施または使用許諾をするものではありません。

4 利用者は、当社の定める使用範囲を超えていかなる方法によっても複製、送信、譲渡(利用者同士の売買も含みます)、貸与、翻訳、翻案、無断で転載、二次使用、営利目的の使用、改変、逆アセンブル、逆コンパイル、リバースエンジニアリング等を行う事を禁止します。

5 前項に関わらず、退会等により利用者が利用者資格を喪失した場合は、提供されたコンテンツの使用権も消滅するものとします。

6 利用者が、本サービス上に投稿その他の方法で送信したコンテンツ(静止画、動画、文字情報その他一切の情報)に関する著作権(著作権法第21条ないし同第28条に規定する権利を含む全ての著作権を含む。)については利用者に帰属するものとします。ただし、利用者は、本サービスを介して行われるコンテンツの送信時に、当社に対し、日本国内外において、当該コンテンツを無償かつ非独占的に使用(当社が必要かつ適正とみなす範囲で省略等の変更を加えることを含みます。また、かかる利用権を当社と提携する第三者に再許諾することを含みます。)することを許諾します。

7 利用者は、当社及び当社から権利を承継し又は許諾された者に対し、著作者人格権を行使しないものとします。

8 当社は、必要がある場合、投稿されたコンテンツの内容を確認することができます。ただし、当社はかかる確認を行う義務を負うものではありません。

9 当社は、利用者が投稿したコンテンツに関し法令もしくは本規約に違反し、または違反するおそれのあると認めた場合、あらかじめ利用者に通知することなく、投稿されたコンテンツを削除するなどの方法により、本サービスでの投稿されたコンテンツの利用を制限できます。


第 14条(免責)

1 当社は、本サービスに事実上又は法律上の瑕疵(安全性、信頼性、正確性、完全性、有効性、特定の目的への適合性、セキュリティなどに関する欠陥、エラーやバグ、権利侵害などを含みます。)がないことを明示的にも黙示的にも保証しておりません。当社は、利用者に対して、かかる瑕疵を除去して本サービスを提供する義務を負いません。

2 当社は、利用者の本サービスの利用環境について一切関与せず、また一切の責任を負いません。

3 当社は、本サービスが利用者の特定の目的に適合すること、期待する機能・商品的価値・正確性・有用性を有すること、利用者による本サービスの利用が利用者に適用のある法令または業界団体の内部規則等に適合すること、および不具合が生じないことについて、何ら保証するものではありません。

4 当社は、本サービスが全ての情報端末に対応していることを保証するものではなく、本サービスの利用に供する情報端末のOSのバージョンアップ等に伴い、本サービスの動作に不具合が生じる可能性があることにつき、利用者はあらかじめ了承するものとします。当社は、かかる不具合が生じた場合に当社が行うプログラムの修正等により、当該不具合が解消されることを保証するものではありません。

5 利用者は、AppStore、GooglePlay等のサービスストアの利用規約および運用方針の変更等に伴い、本サービスの一部又は全部の利用が制限される可能性があることをあらかじめ了承するものとします。

6 当社は、本サービスを利用したことにより直接的または間接的に利用者に発生した損害について、一切賠償責任を負いません。

7 当社は、利用者その他の第三者に発生した機会逸失、業務の中断その他いかなる損害(間接損害や逸失利益を含みます)に対して、当社が係る損害の可能性を事前に通知されていたとしても、一切の責任を負いません。

8 他の利用者または第三者から投稿についての削除依頼があった時、当社は一切の責任を負わないものとします。

9 前項が適用される場合であっても、当社は、過失(重過失を除きます。)による行為によって利用者に生じた損害のうち、特別な事情から生じた損害については、一切賠償する責任を負わないものとします。 

10 利用者と他の利用者との間の紛争及びトラブルについて、当社は一切責任を負わないものとします。利用者と他の利用者でトラブルになった場合でも、両者同士の責任で解決するものとし、当社には一切の請求をしないものとします。

11 利用者は、本サービスの利用に関連し、他の利用者に損害を与えた場合または第三者との間に紛争を生じた場合、自己の費用と責任において、かかる損害を賠償またはかかる紛争を解決するものとし、当社には一切の迷惑や損害を与えないものとします。

12 利用者の行為により、第三者から当社が損害賠償等の請求をされた場合には、利用者の費用(弁護士費用)と責任で、これを解決するものとします。当社が、当該第三者に対して、損害賠償金を支払った場合には、利用者は、当社に対して当該損害賠償金を含む一切の費用(弁護士費用及び逸失利益を含む)を支払うものとします。

13 利用者が本サービスの利用に関連して当社に損害を与えた場合、利用者の費用と責任において当社に対して損害を賠償(訴訟費用及び弁護士費用を含む)するものとします。

14 本サービスで他の利用者が投稿した情報の正確性について、当社は保証しません。当社は、本サービスに掲載されている情報についての紛争及びトラブルについて一切の責任を負いません。

15 本サービスは、当社と提携する他の事業者が提供するサービスまたはコンテンツを含む場合があり、かかるサービスまたはコンテンツに対する責任はこれを提供する事業者が負います。また、かかるサービスまたはコンテンツは、これを提供する事業者が定める利用規約その他の条件が適用されることがあります。


第 15 条(広告の掲載について)

利用者は、本サービス上にあらゆる広告が含まれる場合があること、当社またはその提携先があらゆる広告を掲載する場合があることを理解しこれを承諾したものとみなします。本サービス上の広告の形態や範囲は、当社によって随時変更されます。


第 16 条(権利譲渡)

1 利用者は、当社が、本規約に基づく当社の権利及び義務の一部又は全部を第三者(法人を含みます。)に対し、譲渡してはならないものとします。この場合、当社は、当該第三者に対し、本規約に定められた利用者に対する義務を継続して負担させるものとします。

2 当社は、本サービスの全部または一部を当社の裁量により第三者に譲渡することができ、その場合、譲渡された権利の範囲内で利用者のアカウントを含む、本サービスに係る利用者の一切の権利が譲渡先に移転するものとします。


第 17 条(分離可能性)

本規約のいずれかの条項又はその一部が、消費者契約法その他の法令等により無効又は執行不能と判断された場合であっても、本規約の残りの規定及び一部が無効又は執行不能と判断された規定の残りの部分は、継続して完全に効力を有するものとします。


第 18 条(本サービスの終了)

1 当社は天災地変、社会情勢の変化、法令の改廃、その他技術上又は営業上の判断等の理由により、本サービスを全面的に終了することがあります。この場合、当社所定の方法により法令に基づき利用者に周知する措置を講じます。

2 当社が本条に基づいて本サービスを終了した場合、当社は本条に基づき利用者に対して出金の義務を負うほかは一切の責任を負いません。


第 19 条(業務委託)

当社は、当社が必要と認めた場合、本規約に基づく本サービスの運営管理業務の一部を第三者に委託することがあります。


第 20 条(当社への連絡方法)

本サービスに関する利用者の当社へのご連絡・お問い合わせは、本アプリまたは本サイト内の適宜の場所に設置するお問い合わせフォームからの送信または当社が別途指定する方法により行うものとします。


第 21 条(準拠法)

本規約の有効性、解釈及び履行については、日本法に準拠し、日本法に従って解釈されるものとします。


第 22 条(裁判管轄)

当社と利用者等との間での論議・訴訟その他一切の紛争については、訴額のいかんにかかわらず、横浜地方裁判所を第一審の専属的合意管轄裁判所とします


Creation City Lab 株式会社

2018年1月24日施行